ニュース一覧学校の取組み

ニュース一覧へ戻る

ドレスメーカー学院とコラボ

2018.11.20

ふくのわにとって2018年は教育現場との連携が深まった年でした。その一つが服飾専門学校のドレスメーカー学院との産学間連携です。ファッションビジネス科の2年生がふくのわに寄せられた衣類1000kgからえりすぐって、文化祭で古着屋「ふくのわマルシェ」を運営。なんと2日間で約18万円を売り上げ、収益金をふくのわプロジェクトに寄付してくれました。ターゲットに合せた販売戦略、商品の手入れ、タグのデザイン、お店のレイアウト…。手がける人が違うと、同じ服でもこうも輝きが違うのか!とドレメ生の実力にふくのわスタッフ一同、唸りました。
高度アパレル専門科では、「SDGs」をテーマに、シミや汚れなどがあってリユースに適さない服をリクチュール。「海」「命をはぐくむ」…。捨てられてしまうかもしれなかった服たちが、学生によってもう一度命を吹き込まれました。このドレスはふくのわのイベントでも活躍中です。

ふくのわ@都立高校生によるボランティア・サミット

2018.11.03

2020東京五輪・パラリンピック大会に向けて11月3日に東京・代々木で開催された第1回「都立高校生等によるボランティア・サミット」で高校生たちがふくのわに取り組んでくれました。ボランティア活動推進校の6校が中心になって企画した同サミット。「小さな力でも合せたら大きな力になる」ことを伝えようと、参加者全員に衣類の寄付を呼びかけてくれました。
会場では来場者が次々と五輪・パラリンピックカラーの大きなボックスに衣類を投函してくれ、220kgも集まりました。サミットがスタートすると実行委員会のメンバーが、プロジェクターを使ってふくのわを説明。文化祭でサミットに参加できなかった六本木高校でもふくのわに取り組んでくれている様子が実況中継されました。全都立高校の参加のもとで開催されたサミットでふくのわの趣旨を伝えていただき、「ふくのわの輪」が広がっていることを心強く感じました。ありがとうございました。

BEYOND FES 丸の内 ふくのわマルシェ&ダンスショーを開催しました

2018.10.26

10月12日から21日まで丸の内を会場に開催されていた東京都のパラスポーツ応援イベント「BEYOND FES 丸の内」にふくのわもオフィシャルパートナーの富士紡ホールディングスと一緒に出展しました。13、14日は丸の内仲通で「ふくのわマルシェ」を開催。皇居ランナーの皆さんにB.V.D. Ladiesのスポーツ用のアンダーウェアが人気でした♪収益金は来年6月に1年分をまとめふくのわフレンズになってくださった競技団体に寄付させていただきます。
FES最終日の21日は、全日本ダンス部コンクールで全国入賞した二松学舎大学附属高校と江戸川区立葛西第三中学校のダンス部の皆さん、そしてアイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL」で準優勝した成城彼女(成城大学)の皆さんが「ダンスで広げるふくのわの輪」をテーマに素敵なステージを展開してくれました。さすが!のダンスに満員の会場はおおいに盛り上がりました。

都立工芸高校のグラフィックアーツ科の生徒さんが「ふくのわBOX」をリメイクしてくれました

2018.10.26

拠点回収で大活躍している「ふくのわBOX」。ちょうど去年の今ごろ、東京都環境局と一緒に3週間の実証実験を行うために制作したものです。地価の高い都心でボックスを置いてもらうにはコンパクトさが最重要。寒風吹きぬける工場で、デザイナーさんや職人さんと“ああでもない”“こうでもない”とウンウン唸りながら作った愛着のあるボックスです。「段ボール製なので、1カ月持てばラッキー」という前評判を覆し、各拠点で大事にしてもらって今も活躍中です!でも、側面と背面が無地なので、透明ガラス越しに置くと、なんの箱かわからないのが玉にキズでした…。
そこで力を貸してくれたのが、都立工芸高校グラフィックアーツ科の皆さん。有志の生徒さんが360度どこから見てもふくのわのボックスとわかるようにデザイン画を作成してくれ、貼り付けてくれました。とっても素敵に生まれ変わった「ふくのわBOX」、産経新聞社1階正面玄関や、各種イベントでお目見え予定です。

都立第一商業高校文化祭で「ふくのわ」の回収を実施していただきました

2017.10.03

10月1日(日)に代官山の都立第一商業高校文化祭で「ふくのわ」の回収を実施していただきました。商業研究会のメンバーと有志の皆様により前日から衣類回収が行われ、約100キロの衣類が集まりました!
みなさんのアイディアで作ってくださったふくのわのブースは、さすが商業科!高校生らしい可愛らしさと清潔感のあるレイアウトでした。ハンガーにかけたTシャツの飾りつけもとっても素敵です。遠くからでも、回収場所が一目でわかるところも、よく工夫されていて、感心してしまいました。
第一商業高校では、これからも様々な「ふくのわ」の取組に協力していただく予定です。是非、若いパワーで新しいふくのわを作っていってほしいと思います。第一商業高校の皆様、衣類回収にご協力いただきありがとうございました!!

大田桜台高校の文化祭でふくのわの衣類を集めていただきました

2017.09.25

土曜日に大田桜台高校の文化祭でふくのわの衣類を集めていただきました。回収場所は昇降口を入ってすぐ。来場したら真っ先に気づく一等地に高校2年生「人間と社会」の授業のパソコン班の皆さんが作ってくださったポスターでデコレーションされた素敵な回収ブースがしつらえてあり、感激してしまいました。

大田桜台高校では保護者の皆さん向けのラインの連絡網で、文化祭のふくのわ開催をPRしてくださったとのこと。そのため、来場される保護者の皆様の手には衣類の入った紙袋が!あまりの量にふくのわの回収ボックスだけでは収容しきれずに、普段は生徒のみなさんのファイルが保管されているという折り畳み式ボックスが大量に出動。大活躍していました。

写真の「人間と社会」と書いた可愛いTシャツは同校の先生の作品です。ちゃんとハンガーにかかっているところが憎いですね(笑)占いの館やゲーム館、カフェなど各クラスの力の入った出店を楽しみ、最後はダンス部の発表を拝見し、充実した一日を過ごせました。大田桜台高校の皆様、ご協力本当にありがとうございました。

都立大田桜台高校・都立第一商業高校にて衣類回収が行われます!

2017.09.20

この秋の「ふくのわプロジェクト」の新しい展開として、都内の学校とのコラボレーションが始まっています。9/23(土・祝)には都立大田桜台高校 文化祭にて、10/1(日)には都立第一商業高校 文化祭にて衣類回収がございます。大田区、渋谷区の方は是非お出かけください。
先日、衣類回収に早速取り組んでくださっている品川女子学院の文化祭を訪問しました。今回、「ふくのわプロジェクト」とコラボして下さったのは、中学3年生C組のみなさんです。展示物の素晴らしさ、生徒の皆様の熱意にスタッフも大感激。衣類の回収は10月まで続きますが、すでに80キロを超える衣類が集まっています。
そして本日、3Cのクラス展示は優秀賞をいただいたという嬉しいお手紙もいただきました。3Cの皆様、おめでとうございます!!ふくのわ×学校の取組みは、これからも続々と行われ、次世代に向けて進化し続けます!
みんなの力でパラスポーツを応援していきましょう!

大田桜台高校の皆様がふくのわのポスターを作成して下さいました

2017.09.05

みなさん、こんにちは!9月に入り、すっかり秋らしくなりましたね。さて、この秋からのふくのわプロジェクトは、さらに沢山の寄付をパラアスリートの方々へお届けする為、新しい事業にとりかかっています。その一つが都内の高等学校との連携です。
先日も都立大田桜台高校の生徒の皆様が「人間と社会」の授業の中でポスター作成をしてくださいました。どれも素敵な作品で、スタッフ一同感激しています!大田桜台高校では、文化祭でも古着回収にご協力いただけるとのこと、とても楽しみにしています。お近くの方は是非、文化祭へお越しくださいね。
都立大田桜台高等学校さくら祭りは9/23(土)10時~15時で開催されます。(西馬込駅(都営浅草線)西口より徒歩10分)詳しくはHPをご覧ください。
また ふくのわプロジェクトでは、他にも衣類回収を学校で行っていただけるサポーター校を募集しております。文化祭での衣類回収や「人間と社会」の授業でとり入れていただくなど、様々な形で「社会貢献」「障害者との関わり」「地域社会の再建築」などの観点から、授業や生徒活動に役立てていただるかと思います。「ふくのわ」 を拡げるためには、皆様のお力が必要です!お問い合わせは、fukunowa-pj@sankei.co.jpまで。皆様のお問い合わせ、お待ちしております。

千代田区立和泉小学校で200㎏超の衣類を集めていただきました

2016.12.8

千代田区立和泉小学校(中村裕子校長)で200kgを超える衣類を集めていただきました。東南アジアでニーズの高い子供用の服をたくさんご提供いただき、海の向こうの子供たちの喜ぶ顔が浮かんできます。児童の皆様だけでなく、近隣にお住まいの方々も衣類を持って来てくださったそうです。長い期間に渡って衣類を集めてくださった和泉小の教職員の皆様、衣類を持って来てくださった皆様、ご協力ありがとうございました。寄付していただいた衣類は原宿シカゴを通じて、マレーシアに運ばれ、仕分けののち、東南アジア約15か国で販売されます。

千代田区立和泉小学校で衣類の回収を実施中です

2016.11.15

東京・秋葉原駅近くの千代田区立和泉小学校(中村裕子校長)の協力で、26日までふくのわの衣類回収を実施していただいています。お近くにお住まいの方はぜひご協力ください。同校では郵送分の受付はしておりません。ご郵送の場合は、送料ご負担の上、〒300-0726 茨城県稲敷市西代703 ふくのわプロジェクト 関東流通センターまでお送りください。また、ブランディアhttp://brandear.jp/lp_csr04からも、ふくのわプロジェクトにご参加いただけます。

衣類をご寄付いただく方法はこちら!
オフィシャルパートナー
後援
協力
TEAM BEYOND